【ご協力お願いします】花子新しい家族を緊急募集中です!

緊急】千葉わん卒業犬 花子(はなちゃん)新しい家族募集中です。


2012年1月に譲渡した先の夫婦1名が要介護状態となり花子の世話が困難となったため、
新たな行き先を探すこととなりました。

d0057957_11580851.png
お問い合わせ・お申し込みは http://chibawan.net/dogdetails/no3665-hanako までお願いします。
情報の拡散もよろしくお願いします。






[PR]
# by ruruchanY | 2018-02-15 13:46 | Trackback | Comments(0)

るるの通院day~2018年2月 (記録)


昨日(2月11日)2か月に1回のるるの定期検査でした。

d0057957_14383839.png
体全体の状態と、大事な肝臓関係の血液検査3項目

2月11日の検査結果

ALKP 388U/L 
  (前回 533U/L  前々回368 U/L 基準値:23-212)  
TRIG 53mg/dL
  (前回 53mg/dL  前々回 96mg/dL 基準値:10-100
ALT  77U/L 
  (前回52U/L  前々回88U/L  基準値:10-125)


体重  12.45kg 
  (前回 11.85㎏ 前々回 11.95kg)

※ ALKP値が下がりました。
※ ダイエットで落としすぎた体重が少し増加しました

 何年通っても、いつ来ても、いつも「早く帰りたい!」137.png
d0057957_14394560.png

TRIGとALTの値は下がって落ち着いています、しかし今回は下がってましたがALKPの値はまだ高く不安定です。

前回の検査の時、医師から「ほかの患者さんの例で民間療法なんだけど・・・」と、
「キクイモ」が肝臓にとても効果があったと聞きました。

るるに与えている「キクイモチップス」
もちろん人間用です。
自然なほのかな甘みでおいしいです。
最近時々TVで紹介されてますが、中性脂肪を下げるのにも効果があるようです。
粉末や粒になっているものもあるようですがるるにはチップスにしています
d0057957_14403300.png
自然食品で効果があるならばと、さっそく取り寄せオヤツ程度に上げました。
(大量に摂取すると下痢になることがあるそうです)

他の食生活は変えないで約2か月与え続けての今回の血液検査
結果が出て
医師:「下がってますよ~!!」
医師と看護師さん私の三人での期せずして声を合わせて「キクイモ すご~い!!!」
「キクイモチップス」恐るべし!101.png

まだ、経過途中ですし、だれにでも効果があるかどうかも確かではありませんが
るるにはもうしばらく続けてみようと思います。

るるは元気でいます!104.png
d0057957_14411926.png











[PR]
# by ruruchanY | 2018-02-12 14:55 | Trackback | Comments(0)

【訃報】最後のプーロ君便り

るる家5番目の卒業犬「プーロ君」(募集名:ウー)のご家族から
プーロ君の訃報が届きました。
(2007.4.1~2007.6.9 お預かり)

いぬ親様募集時からたくさんの応援をくださった皆様に改めての感謝とご報告をいたします。
プーロ君 幸せでした。

****************



プーロくん、1228日早朝に旅立ちました。

少しずつ少しずつできる事が減ってゆき、最期は眠るように静かに逝きました。

プーロくんと出会わせてくださったちばわんの皆様に、改めて、感謝申し上げます。


1枚めの写真は、昨年8月、だんだん弱ってきていましたが、暑い夏を頑張って乗り越えてくれました。

プーロくんの歩みが危なくなってきたので、この頃、うち中のフローリング部分に滑り止めの敷物を貼りました。

d0057957_10204280.jpeg




d0057957_10205813.jpeg
d0057957_10210935.jpeg


2枚め、3枚めの写真は、10月、手作りごはんを積極的に食べてくれていました。

少し補助をすれば、とぼとぼとお散歩もできていました。

3枚めの写真、このお布団、覚えていらっしゃいますか?

プーロくんが我が家に来る時に、るる母さんがプーロくんに持たせてくださった婿入り道具です。

プーロくんは、最期の最期まで、このお布団を使っていました。



4枚めの写真は11月末

d0057957_10212229.jpeg

5枚めの写真は12月始め、日に日に弱っていくのがわかりました

d0057957_10213614.jpeg

少しずつ食も細くなって、後ろ足は動かなくなっていきました。

寝ている時間が増え、寝返りをしたい時や、のどが渇いた時に、昼夜なく、鳴いて私達を呼ぶようになりました。眠い時もありましたが、一生懸命に生きるプーロくんを見ていると、辛さはありませんでした。

マーレちゃんはプーロくんに寄り添い、空ちゃんはプーロくんの手やおでこをなめてくれました。

彼らのそんな優しい関係にも助けられていました。



6枚めの写真は、1226日。

d0057957_10234220.jpeg

12/2412/25にかけて一晩中、下痢をしたので、お薬をあげたり、心配をしましたが、答えはこの美しい横顔にありました。

拭いても拭いても目ヤニが出ていた目が、何も無かったかのようにきれいになり、コベコベしていた鼻もすっきり。

身体の中から汚い物を出しきり、透き通るような美しい姿になっていました。


「ドライブやお散歩が大好きで、山登りもあんなに上手だったのに、もうあの日には帰れないんだ」と泣いたり、「もっと一緒にいたい」と願っていた私に、もっともっと純粋で美しい、命の尊厳を、教えてくれているかのようでした。

そしてまた、天に帰る日が近いことも教えてくれました。


いよいよ歩けなくなった最期の10日間くらいは、毎朝抱っこして、お庭で日向ぼっこをしました。

プーロくんの柔らかさが、今でも、腕や胸に残っています。

最期まで愛らしいままの、愛らしくて愛らしくてたまらないままのプーロくんでした。


プーロくんは、里親募集のサイトの写真を見て、私が一目ぼれした子でした。

天使のような真っ白なこの子と暮らしたら幸せだな、と思ったんです。

その通り、プーロくんは、たくさんのたくさんの幸せをくれました。

感謝でいっぱいです。

そして、そのプーロくんと引き合わせてくださったちばわんの皆様に、

心から感謝申し上げます。                   プーロ母


****************


プーロ母さま、お辛い中お便りいただきましてありがとうございます。

お知らせいただいてから、預かり日記を何度も読み返し、(当時の)ウーちゃんの想い出に浸っています。

我が家からの卒業犬でお星さまになったのはプーロ君が初めてで、「寂しい」の言葉では言い尽くせないほど

なんというか、気持ちが「やられています」

ご夫妻は、心の中を冷たい風が吹き抜けるような感じではないかとお察し致します。


人懐こくていつも輝く笑顔のプーロ君ですから、こちらも笑ってお別れしなくてはいけませんね。

d0057957_10214682.jpg

↑ウーちゃんがるる家に到着した日

この日からるるとの同居生活が始まりました


「バイバイ プーロ君 パパとママに出会えて幸せだったね!」

「ウーちゃん、るるちゃんちに寄ってくれてありがとう! 楽しかったよ」


プーロ父さま、プーロ母さま

たくさんの愛情を、穏やかな日々をありがとうございました。

幸せに包まれて無事天国に送り出してくださってありがとうございます。    

                            るる母


(何故か字の大きさがまちまちでお見苦しいことお許しください)



[PR]
# by ruruchanY | 2018-01-15 11:11 | Trackback | Comments(0)

【迷子捜索】情報提供のお願い

ちばわんの卒業犬が迷子になっています。
お見かけになりましたら、情報をお寄せください。
どの子も大変怖がりですので、追いかけることなく
「目撃地点」「目撃日時」
それぞれ記載の電話番号までお知らせいただけますようお願いいたします。

迷子捜索は目撃情報が頼りです。
ぜひ、皆様のご協力をお願いいたします。

d0057957_12095842.jpg
d0057957_12101555.jpg
d0057957_12102815.jpg
d0057957_12104306.jpg

[PR]
# by ruruchanY | 2018-01-13 12:14 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます

あけまして
おめでとう
ございます
d0057957_15314843.jpg

健康で 幸せいっぱいの年になりますように!


迷子になっている子たちが1日も早く無事に温かいおうちに帰れますように
人間の勝手な都合で命を落とす子、
寒さや飢えに苦しむ子、
寂しい想いをする子がいなくなりますように

「保護犬」により一層の温かいご理解・ご支援をお願いいたします

2018年 いぬ年 元旦


るる 15歳半
今年ものんびり生きていきます
d0057957_15351025.jpg



[PR]
# by ruruchanY | 2018-01-01 00:00 | Trackback | Comments(0)