2012年 05月 28日 ( 1 )

品川いぬ親会

昨日(5月27日)は、「ちばわんいぬ親会in品川」開催でした。

たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました。

いただいたご希望アンケートは残念ながら多くはありませんでしたが
何頭ものワンコがご来場者さまとお試しの散歩に出かけていました。

昨日は「種まき」の日で近々の「発芽」を楽しみに待っています。
d0057957_14204542.jpg


そして昨日のいぬ親会では
ドキュメンタリー映画「犬のしあわせ」(仮}の撮影取材が行われました。
(来年春劇場公開予定)

                     ↓ 手術の跡はチャンとくっついているかな?
d0057957_14205715.jpg



        ↓ トリミングの様子を撮影する 本職カメラマンさんと 預かりママカメラマンさん
d0057957_1421879.jpg


撮影と同時に何人かのメンバーにインタビューがありました。

私もその一人でしたが、生まれて初めての経験でうまく答えられなくて・・
後になって、あれも言えばよかった002.gif  こう言えばよかった025.gifと大反省です

いままで、
TVのニュースなどでインタビューされている人が、方向違いの答えをしているのをみて
「聞いてることが違うダロ~!」とか、「あったまワリィ!」とかTVの前で毒づいていましたが
昨日の私はまさにそれでした007.gif
もし、もしも、映画が完成したときに(万が一)私のインタビューが流れたら、笑ってやってください
003.gif

                    ↓ 副代表のインタビュー風景です
d0057957_14213056.jpg


その時「この活動は楽しいです」とお答えしましたが、ちょっと言葉が足りなかったかなと思い、少しここで付けたしたいと思います。

もちろんセンターを訪問し、命の期限付きのたくさんの犬たちを目にすると(私は数度しか行ったことがありませんが)胸が苦しくなるほどで
どこをどう探しても「楽しい」なんて言葉は出てきません。

しかし、(私は今おもにいぬ親会のお手伝いをしています)いぬ親会に参加しているわんこ達に命の期限はありません。
センターを出られたら、いままでどんな悲しいこと、いやなことがあったワンコでも
「幸せ」が待っています。
そのワンコによって「幸せ」を見つけるのが早いか遅いかの違いはありますが、
預かり家庭で心と体を健康にしてもらい、本当の幸せを待ちます。

センターの写真で見た無表情な顔が、見違えるような生き生きとしたチャーミングな顔になってそこに居ます。
その子たちの幸せ探しのお手伝いをするのは「楽しいです」
明るく楽しくお手伝いさせていただきたいと思っています。

もちろん、さまざまな職業や年齢の方々とお知り合いになれるのもとっても楽しいです。

以前、「保護犬の里親(一般的ないい方です)探しというと暗いイメージがあって来たくなかったけど全然違いました。 また来ます。」
という感想をいただいたことがありました。
とてもうれしかったです。

どうせなら、楽しくやりましょうよ

ほら、「笑う門には福来る」って言いますよね
   
d0057957_14212087.jpg



そんな ノーテンキな私ですが、心が痛くなった場面が・・・

いつもケージで参加する「Beeちゃん」 
 昨日は珍しくケージから出ていました。
でも目が合うと、ケージに隠れようとします。
d0057957_14214272.jpg


そのBeeチャンが、医療室で医師に診てもらう時
這いつくばって必死になって逃げ惑っていました。
信頼できる預かりさんもそばに付いているし、もう何も怖いことなんかないのに

人間は この小さい生き物に いったい どんな 仕打ちをしたんでしょう

本当に悲しく 申し訳なく思いました。


まだまだ若い(推定2歳)Beeちゃん、君の犬生このままで終わっていいはずがない!

楽しいことっていっぱいあるんだよ

早く 本当の家族に出会って心安らかな毎日を送れるようになるまで
あきらめないで頑張ろうね
[PR]
by ruruchany | 2012-05-28 14:59 | Trackback | Comments(4)