2012年 03月 03日 ( 1 )

犯人は誰だ!?

我が家は2階建て、その上を屋上として使っている。
住宅密集地で、3方を他所の家・マンションで囲まれている

その我が家の屋上に、少し前からたばこの吸い殻が捨てられているようになった。
ほとんどが隣接しているAマンション側の表道路から遠い場所に落ちている。

はじめはるる父が屋上でたばこを吸っているその吸い殻かなと思っていた。
(部屋で吸うと、私に臭いと言われるし、一応禁煙していることになっている)
それを話したら、自分はそんなことしていないと否定した。

ある時、1回に10数本の吸い殻を回収した。
水で火を消したような跡が見受けられる吸い殻

たまらず、Aマンションを管理している不動産会社に電話をし、
「投げ捨て禁止」の張り紙を張らせてくれとお願いした。

不動産会社の若い男性社員は「イヤ~ それはちょっと~」と煮え切らない返事。

落ちている場所や、吸い殻の重さ、建物の形態などからもう一方に隣接しているマンションからでは無理なこと
誰が投げているかわからないが、Aマンションの4階裏側の部屋が一番可能性が高いことなどを話し厳重に注意してくれるよう頼んだ


1週間以上たっても何の返事もなく、相変わらず2本3本と吸い殻は落ちている。

不動産会社に再び問い合わせると、やはり頼りなく
住人に電話をしたが、
4階の表通り側の部屋(落ちている場所から見て可能性は低い)の人はたばこは吸わない。
そして(一番怪しいと思われる)4階裏側の部屋は現在空き室になっているとの答えだった


じゃぁ 捨てているのは誰なんだ!

再び張り紙を張らせてと頼んだら、やはりそれはダメとの答え。
それでは警察に相談しますと話した。


実はず~っと以前にも投げ捨てられていたことがあり、
(その時は火がついたまま捨ててその後消えたような吸い殻だった)
出来る限り夜見張るようにしていたら、
たまたま窓から火がついた吸い殻を捨てるところを目撃
すぐに交番に届け注意してもらった。


今回も交番で相談したら、場所を実際に見せてくださいとのことで、
我が家に警官が来て屋上を見てくれた。

やはり4階の裏側の部屋が可能性が高いが、Aマンションの屋上からの可能性もある。
とにかく捨てる現場を見ないと何もできないから、目撃したらすぐに110番通報して下さいとのことだった。

    「こんなことで110番していいんですか?」
    「普通の110番でいいんですか?」   
       の私の(オバカな)質問に、警察官は

    「もちろんです、交番に走って行くより110番して下さい
       すぐに近くにいるパトカーが来ます」

    おまわりさん ありがとう


その後から、昼・夜、頻繁に屋上に出て怪しい部屋をにらんでいた。

不動産会社が空き室になっていると言う4階の部屋 
ネットで調べると確かに入居者募集になっている。
昼はカーテンが引きっぱなしになっているが、夜は時々灯りが短時間つく


そして、不動産会社に警察に相談すると話し、警官が見に来て以来
ピタッと吸い殻は捨てられなくなった

煙草を吸わない人の部屋、  もう一部屋は空き室、でも時々灯りがつく



犯人は誰なのか
頭脳明晰な杉下右京さん 我が家の近くに住む浅見光彦さんや、
警視庁に異動になったと言う安積ハンチョウにお願いしなくても見当はつく

誰が投げ捨てているのでも辞めてくれればいいのだが。

火事の心配、そして我が家の屋上は ゴミ捨て場ではない!




          るるちゃん、のんびり寝ている場合ではないですよ
d0057957_16573036.jpg


そして
[PR]
by ruruchanY | 2012-03-03 17:24 | Trackback | Comments(4)