2011年 02月 28日 ( 1 )

るるの食事事情

先週金曜日、花粉症のクシャミ・鼻水と闘いながら行ったのは大学病院
定期的な診察でした。


相変わらずの長い待ち時間で、いろいろな光景が見られます。


いつも思うのですが、
定年後と思われる男性には、奥さんが付き添っている事が多いですね。
(逆のパターンはあまり見ません)
特に病状が重いとか、今日は特に具合が悪いとか・・・そう見受けられない方々でも一緒
皆さんいろいろ事情があるのでしょうが



先日も、長い長い待ち時間の末、やっと名前を呼ばれた男性患者さんが
診察室の入り口で
「すみません、まだ女房が来ないのでもう少し後にしてください」と言って戻りました。

みていると、少したってから、他の科の受診を終えた(らしい)奥さんが来て、隣に座りました。
そしてまたしばらくして、名前を呼ばれ二人揃って診察室に入って行きました。
ご主人一人では診察受けられないんですね~ 002.gif


そして、いわゆる3分診察を終え、仲良く帰って行かれました。



スミマセン!他人が口をはさむことではないですね。
ついつい、待ち時間が長くて余計なことに目が行ってしまいます。反省!

           余計なオセッカイっていうやつね
d0057957_15311169.jpg
 
私?  
私はるる父の外来について行ったことはありません!



057.gif    057.gif    057.gif    057.gif



るるに手作り食を与えるようになって 約1カ月
なかなか 面白いです。001.gif

             

数年前にるるは尿に結石が混じり、
それ以来 尿路障害に配慮した、食事療法食~準食事療法食と、食べてきました。

ごく最近までは、「避妊・去勢した犬用の理想的な体重管理・健康的な下部尿路に配慮した」と言う正にピッタンコなフードで正常なPHの尿を保っていました。



いままでにも、手作り食にしようかなと思ったことはありましたが、
今は正常値になっているるるの尿が維持できるかの心配と
「面倒だわ~」という気持ちから実行できずにいました。

              めんとくさがり屋なのよね
d0057957_15312339.jpg



でも少し前に、ある方とお話ししていて、手作り食のいいところをたくさん聞き
やっと、始めてみることにしました。
支障が出たら、またフードに戻せばいいのだから



今は、人間の夕飯の支度の時にるるのご飯も一緒に作ります。

基本は(というか、いつも006.gif)野菜を入れたスープに肉か魚、
ご飯か麺類を入れそれをフードに掛けます。
    まだ、フードがたくさん残っているのと、100%手作り食にする自信がないため  
    フードと半々くらいに混ぜています


まだ始めたばかりなので楽しくて、人間用の調理中に出た野菜の残りをどんどん入れて
野菜たっぷりにしていたら、

アララ大変!005.gif

るるの尿がアルカリ性に傾いてしまいました。
d0057957_15164251.jpg

    犬の尿は弱酸性(6~6.5)が理想的だそうで、
    アルカリ性に傾くとストラバイトと言う結石のもとができやすくなるそうです

慌てて、野菜を少なめにしたら、少し戻りました。
その時に食べたものでもPHが一時的にかわるそうなので
一喜一憂しなくてもよいとのことです。

スープは、夕飯用と翌朝用の2食分一緒に作ります。
(昨日は煮干しの出汁に、サツマイモ、小松菜、
     それにキャベツの芯、ほうれん草の赤いところが少し)
d0057957_15272745.jpg


昨夜は、これに ご飯と牛肉、すりごまをプラスしました。
(朝は肉の代わりに鯵を圧力鍋で煮たものをプラス)
d0057957_1527393.jpg


尿がアルカリ性にならないように、りんご酢を気づかれない程度に006.gif少し加えました。
d0057957_1528331.jpg



ネットや本で調べてみると、書いてあることがいろいろですね~
幸いちばわんのたくさんの方が手作り食をブログに載せてくださっているので
それが一番頼りになっています。

これからもいろいろな食材を使っていきたいと思っています。

まだまだ勉強中です。

           満腹になった後は、ひと眠り   今日は超さぶいわね~
d0057957_15282361.jpg

[PR]
by ruruchany | 2011-02-28 16:07 | Trackback | Comments(6)