ファンタ安らかに

8月1日にこのブログ更新をお休みさせていただくと書いてから
ファンタの安楽死という大きな問題の経緯説明がありました。

「ファンタについて」



私がブログを更新できなくなった理由も、ファンタのことが一番大きなものでした。

預かりっこがいない今、書く内容にも乏しく あちこち探して更新している状態でした。
それが、ファンタの安楽死を知って「ネタ」を探す気力がなくなりました。



この間、いろいろな方のブログを読ませていただき、
そこに寄せられているコメントも たくさん読みました。

今 ちばわんが置かれている状況も知っています。




「安楽死」 
(あくまでも個人的意見ですが)

絶対反対するか  条件付きで容認するか
個々人の考え方次第だと思います。

その条件も どこまでの状態なら致し方ないかと考えるか。


正解は見つかりません。

もちろん誰しも犬の命を人間の都合で奪いたくはありません。




「殺さずにすむ方法はなかったのか?」

私もそれを希望しますが、その方法も私には見つかりません。




家の「るる」をちばわんから迎え入れて 10年近くになります。


この間、犬・猫のための皆さんの活動、
それも表に出ない活動をたくさん見聞きしました。



「犬の幸せ」を目標に活動してきた人たちが、
その命を奪う決断をしなければならなかったことは
本当につらい、厳しい思いだったと推察します。



しかし、何を言ってもファンタはもう戻りません。

ちばわんへの信頼も少なからず失われたことと思います。


これからは
より一層 メンバー全員が真摯に向き合って活動しなければならないと思います。

私も微力ながら今まで通りにお手伝いしていきたいと思います。



ファンタが 本当に心安らかに眠ってくれる日が来ることを願っています。


                                                 るる母
[PR]
by ruruchany | 2012-08-18 12:01 | Trackback
トラックバックURL : http://ruruchany.exblog.jp/tb/16654485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< いぬ親会 等など 夏休み >>