裁判員裁判傍聴

相変わらず やる気の出ない私

家でダラダラしていても仕方ないので、誘ってもらい裁判員裁判を傍聴してきました。
(外出すれば元気です)

                   ワタシは長~い 留守番でした022.gif
d0057957_146742.jpg





**************


事件は、 夫による妻への殺人と死体遺棄

昨日は公判2日目

殺された妻の母親と、被告人の父親、被告人の幼馴染の証言
そして夫への被告人質問が行われました。




できちゃった結婚をした夫と妻

結婚前から約半年ほどで転職を繰り返す 夫
夫の家族との交際を嫌悪する 妻
夫婦の家の庭先縁側からそっと覗きに来る 夫の祖父母
それを止めてくれと言えない 夫
結婚後もほぼ毎日実家を訪れ母親を頼りにする 妻
妻を通してでないと妻の母に話ができない 夫
育児や家事を妻がしていたとか、夫におしつけていたとか・・・

証言する人によって、夫と妻の「人となり」が異なる


結婚前から、別れ 復縁を何度も繰り返してきたこの夫婦
夫の昔の女友達との不倫疑惑からますます険悪になり
ある晩の妻の暴言をきっかけに
とうとう夫は妻を(前もって用意してあったロープで)絞殺した

それも生後10か月の娘の寝ているすぐわきで・・・・

その後、殺したはずの妻の口から空気がゴボッともれ
生き返るのではないかと怖くなり、再びロープで絞めた。

その行為がもう一度繰り返され、計3回 首を絞めた

遺体の処理までは考えていなかった夫は
その後、ごみ袋、布団圧縮袋に入れようとしたが入らず
自宅わきの駐車場にブルーシートをかけて放置した。

のろわれるのが怖かったから同じ空間に居たくなかったからだとか


翌日知らん顔で「妻がいない」と、双方の両親と探し回っているうちに
耐えきれずに犯行を告白した。


*********************


テレビの2時間ドラマにでもなりそうな、さまざまな事実

半世紀+おまけ 生きてきた私には
なんということないよくある家族間の事情でも
この若い夫婦には過酷だったのだろうか。
悪い方に、悪い方に 転がっていった。

大人になりきれていない 夫と妻
周りの年長者がなんとか助けられなかったものだろうか

妻の側にも非はあったと思うけど、
殺しちゃ いけない。
殺してしまったら 妻も夫も人生終わり。


本日(16日) 求刑予定

追記:本日(17日)の公判で求刑18年に対し、懲役16年が言い渡されました



いろいろ考えてしまう出来事でした。


********************


カメラを向けると ふいっと横を向いてしまい、写真撮影に協力的ではない るる   
                「オヤツあげるからね~」
d0057957_14203264.jpg



  「仕方ないな~」  しぶしぶ こちらを向いてくれる るるです。  
d0057957_14211860.jpg

[PR]
by ruruchany | 2012-05-16 14:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ruruchany.exblog.jp/tb/15874110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 金環日食&いぬ親会 尿と肝臓 >>