母の日

今日は母の日

この日は、私にとっては いまだに寂しい日

9年前の母の日 2001年5月13日 

我が家の先代犬 「リック」は異変を起こしてから 30分くらいで死んでしまいました。

14歳半でした

d0057957_10295827.jpg

     我が家には庭がないのでいまだにお骨のままそばにいて
     時々話しかけています
     他所に一人で埋めるのはかわいそうだから
     私が死んだら一緒に埋めてもらおうと思っています


夕飯時、様子がおかしくなり 部屋を歩き回り、遠吠えし
最後の力で屋上に駆け上がり そこで倒れていました
それでも私が行った時 起き上がってヨタヨタと近づいてきました
その光景が目に焼き付いていて 今でも思い出すたび 泣いてしまいます


いつもは帰りが遅いるる父ですが 
その日は出張帰りで早く帰宅していました
私に抱かれ 私たち二人に声をかけられながら天国に旅立って行きました。



年齢的には十分かもしれません
年相応に弱っては来ていました
でも 別れを現実的に感じたことはありませんでした


私たちにとっては全く初めての犬で、知識が十分でなく病気にしてしまい
その後遺症が神経に残り、リックにとって楽しい生涯ではなかったと思います
そのことをずっと後悔しています

生きている間は 気持ちに余裕がなく 私たちも大変な毎日でした



もう一度 私たちのところに帰って来てほしい
そうしたら もっともっと楽しく暮らせるね
もちろん るるも一緒にね




 






話題はガラリと変わります

Googleの「ストリートビュー」ご存知ですよね。

それで我が家が見られるのですが、
最近改めてみる機会がありました。

よ~く 見たら なんとるるが写っていました。
このようにベランダから道路を見ています。

そのように意識してみるとわかる程度の写りですが・・・・・003.gif
d0057957_10493362.jpg

[PR]
by ruruchany | 2010-05-09 10:55 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ruruchany.exblog.jp/tb/11080122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by べこまま at 2010-05-09 20:35 x
何年たっても思い出すとすぐに涙が出ちゃいますよね。
うちも私がお花見から帰ったら、誰もいなくて一人ぼっちの家の中で
亡くなっていたので、あの時の衝撃は忘れられません。
私ももう一度ラッキーとやり直したい気持ちでいっぱいですよ。
Commented by るる母 at 2010-05-10 14:44 x
べこままさん、
いつになっても忘れられるものではありませんね。
そして、他のわんこと暮らしても代わりになるというものでもありませんね
ラッキーちゃん、一人でなくなっていたのは、より心が痛んだことでしょう。
今の私なら、もっとリックの病気も理解できたし、もっと優しく慣れたと思うんです。
ラッキーちゃんも、リックも帰ってこられればいいのにね。

<< るるの発作 クライフ (現クラ丞) 正式譲渡 >>